皆さんこんにちは!


美容室RITZアシスタントの熊魁斗(クマカイト)です!

これから定期的にこのブログに登場しますのでよろしくお願い致しますm(_ _)m

さて、今回はクマカイト=映画と言われるくらい映画が好きな僕が皆さんにオススメの映画をご紹介致します!!

題しまして

#クマシネマ

第一回目の作品はこちら↓

image

A Perfect World』1993年
監督〜クリント・イーストウッド〜

舞台は1963年、テキサス。刑務所から脱獄した2人組の男達(ブッチとテリー)が民家に進入し8歳の少年(フィリップ)を誘拐し逃亡し続ける。

逃亡中にテリーがフィリップに危害を加えそうになりそれを見たブッチがとっさにテリーを射殺する。

そこからブッチはフィリップを連れブッチの父が残したハガキに記されたパーフェクトワールドを目指し進み始める。

クリント・イーストウッド。
彼の撮る映画は決して明るく楽しいものではないですが

すべての作品に愛が溢れています。

それは彼が映画を愛しストイックに撮り続けているからだと思います。

一つ一つの映画にテーマがありハッピーエンドの作品ばかりではないですが

見終わったら必ず見て良かったと思えるものばかりです。

監督としても俳優としてもいつも男らしくストイックで

愛のあるイーストウッドが映画監督の中で1番好きですし尊敬しています。

仕事は違えど僕もイーストウッドのように

仕事、美容に対して男らしくストイックで愛のある男になります。

僕が目指すべき男はクリント・イーストウッドです。

元々イーストウッド本人が主人公(ブッチ)を演じる予定が、役柄より歳をとりすぎてるとの理由でイーストウッドより25歳若いケビン・コスナーを抜擢しています。

ですがコスナーは元々イーストウッド作品の『許されざる者』に出演したかったらしく今作を撮り終えた後にその話をイーストウッド本人に告白したそうです。

ちなみに許されざる者はイーストウッドが監督・主演の西部劇。

この話を笑って聞いたイーストウッドは嬉しくもあり申し訳なくもあったのかなと…

なぜならコスナーが演じたかった役はイーストウッド本人が演じ

映画界から沢山の称賛をあびた作品だからです。

こちらもかなり名作です。

話しが逸れましたが…

この作品に描かれた二組の友情も、僕がこの映画を強くオススメする理由の一つ。

image

image

当時8才のローサー君が演じるフィリップの表情にもぜひご注目下さい!圧巻です!

彼らが最後に見つけるパーフェクトワールドとは何なのか?

この映画こそイーストウッドらしさが表れてる映画だと思います。

観た人それぞれで解釈はあると思いますが涙無しには見れない素晴らしい作品です。

ぜひ皆さんご覧下さい。

以上今月の#クマシネマでした!